CEDRIC [2nd (後期型)]

『「縦」の物を「横」にもしない』とは怠け者・無精者を表すたとえだが、・・・耳が痛い!?

それはさておいて、昭和35(1960)年誕生の『CEDRIC』の初代「30型」

[カタログより]

別名「縦目のCEDRIC」は、昭和37(1962)年秋には「63年型」として「横目のCEDRIC」

[カタログより]

になる。

フロントのみならずテールランプも

[カタログより]

変更し、エンジンは「H型」1900cc88psと「G型」1500cc71psが搭載され、メカについても徹底改良、より美しく、ホイールベースを延ばし居住性も向上。さらに高速安定性も向上し大きく変身した。

フロントグリルとホイールキャップに映えるエンブレム

[カタログより]

が記憶に新しい。

なんといっても我が教習車がこのくるまだったことが忘れられない。

それから、昭和40(1965)年に2世代目「130系」(前期型)

[昭和42(1967)年頃の発行と推測されるカタログからのSPECIAL6]

が登場。

そして昭和43(1968)年秋、今回ご紹介する「130系」(後期型)に変身する。

ここにカタログからの画像をご紹介するので、記憶を呼び戻して頂ければ嬉しい。

(敬称略)

[2022-11]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です