CEDRIC SPECIAL 6

昭和35(1960)年誕生の初代「CEDRIC」「30型」、別名「縦目のCEDRIC」は昭和37(1962)年秋には「63年型」として「横目のCEDRIC」になる。

そして、翌昭和38(1963)年、これをベースに誕生した「CEDRIC SPECIAL」

[カタログからの画像]

はシリーズ最高峰でカタログには「国産最強6気筒2800ccエンジン」「4サイクル水冷頭上弁式(ガソリン)」の「K型」エンジンを搭載したとされる小型車枠拡大後初の普通乗用車で、後に「プレジデント」につながる高級車だった。

昭和39(1964)年開催の「東京オリンピック」では「聖火懸架装置」仕様の「SPECIAL」

[NISSAN-HPからの画像]

が活躍したことも鮮明な記憶だ。

そして昭和40(1965)年、2代目「CEDRIC」が登場。

初代の直線的なアメリカンスタイルから「フローイングライン」と呼ばれたヨーロピアンムード漂うデザインになった。

今回ご紹介する『CEDRIC SPECIAL6』はそのシリーズの高級バージョンということになるが、初代「CEDRIC SPECIAL」と比較すると「2800ccの普通高級乗用車」に対して「2000ccの小型高級乗用車」だった。

エンジンは「L20型」4サイクル水冷頭上弁式ガソリン直列6気筒のTWINCab(115/5200rpm)、SINGLECab(105/5200rpm)が搭載された。

ここに、2度目のMC車と思われる昭和42(1967)年頃の発行と推測されるカタログからの画像をご紹介する。

さて、昭和42(1967)年は第2次佐藤内閣成立の年。

一方、わが国初の深夜放送「オールナイトニッポン」や「JET STREAM」が始まった年でもある。

着せ替え人形「リカちゃん」が誕生したのもこの年だった。

(敬称略)

[2021-12]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です